30代の肌荒れが治らないのはなぜ?スキンケア化粧品かえるだけでOK?

 

肌荒れの原因と肌キープ術を知ることで30代の肌荒れが治らない方でも美肌を保つことはできます。

 

20代では実感しなかったことが30代になったとたん…

 

肌荒れをあまく見ているとシミやしわ、たるみなど手遅れになることもあります。

 

女性のみなさんにとって肌の状態は、その日のテンションを決めるほど大切なもの。

 

鏡を覗いた時、普段より肌の状況が悪いと、気分はあがりませんよね。

 

肌荒れを起こす原因やカラクリによって、肌トラブルの予防に役立つスキンケア方法やメイク方法についてご紹介します。

 

 

肌荒れを引き起こす原因とは

 

 

季節の変わる時期つきものである乾燥で体の調子がよくない時などに起きる肌荒れやカサつきなど、その症状はいろいろありますが原因もバラバラです。

 

紫外線によるトラブル

紫外線は日焼けやシミの原因になるだけではなく、肌にダメージをもたらしてバリア機能を低減してしまいます。

 

外出時は季節を問わず日焼け止めを塗りましょう。

 

また紫外線は屋内にいても窓ガラスを透過するため、家や車の中だからといって安全ではありません。

 

屋内だからと安心せずに日焼け止め対策は念入りにして損はないですね。

 

乾燥によるカサカサ

寒い季節ののエアコンや暖房機器による湿度の低下によって、肌本来の水分が減少します。肌の水分が減少することでバリア機能が低下しやすくなります。

 

皮膚には、ほこりなどの異物の侵入を防いだり、肌内部の水分蒸散をぐ働きがありますが…

 

バリア機能が低下すると、少しの刺激でも肌荒れが起きやすくなり肌トラブルの原因になります。

 

お肌の衰えがで始める30代こそ入念なケアで乾燥による肌荒れを防がなければなりません。

 

誤ったスキンケア方法

汚れを丁寧に落とそうと、肌をゴシゴシこするように洗顔していませんか?

 

肌を強く摩擦するとバリア機能が低下するだけでなく、強く擦ったことで色素沈着を起こし悪化するなんて結果に…。

 

過剰に繰り返し洗顔したりするのは避けましょう。

 

その他にも化粧水をつける時に強くパッティングしたり、乳液をすりこんだりすることも肌に負担がかかってしまいがちです。

 

肌は優しく刺激を与えないように細心の注意を施しましょう。

 

生活習慣の乱れは命取り

生活習慣が不規則で睡眠不足になると、翌日には目に見えて肌荒れを実感します。

 

また無理なダイエットなどで栄養不足やストレスによっても、バリア機能の低下につながります。

 

肌の不調は身体の不調と比較していることも明白で例えば、腸内環境の悪化はもろに便秘に結びつきます。

 

便秘になると、にきびや吹き出物、シミの原因に...。その挙句に、肌荒れを起こしたり、ツヤやハリ不足が起こってしまうことも。

 

このように肌荒れにはいくつもの原因があり、特に30代に突入した女性は20代では起こらなかった肌トラブルに直面しているのではないでしょうか?

 

肌荒れを起こしたときの対処法や治すにはどのようなケアがあるのでしょうか?

 

 

肌荒れはスキンケア化粧品をかえて治る?

 

肌荒れしにくいスキンケアの方法や乾燥が原因の肌荒れに効果が期待できる薬用ジェルをご紹介します。

 

洗顔・クレンジングの見直し

まずは、洗顔やクレンジングの方法にあたって改善をすることをおすすめします。

 

日常の洗顔では汚れをきっちりと落としつつ、肌に過剰なストレスがかからないようにすることがポイント。

 

石けんや洗顔料はよく泡立て、泡で肌を包み込むような感じで洗顔すると、刺激を極力抑汚れを落とすことができます。

 

すすぎはぬるめのお湯で、泡が残らないようしっかりと洗い流してください。

 

ここがポイント!

 


洗顔後は清潔なタオルでできるだけソフトな肌触りのフェイスタオルを使用し、こすらず押し当てるような感じで、水分をそっと吸収させましょう。

 

生活習慣も合わせて見直し

睡眠不足やコンディション不良など、身体の健康状態が肌にも影響を及ぼすことはすでに紹介したとおり。

 

健康な肌を回復させるためにも、生活習慣を見直しは必要不可欠です。

 

しっかり睡眠を取る

お肌のゴールデンタイム22:00~2:00は、睡眠中に成長ホルモンが盛んに分泌されるので夜更かしは美容の天敵です。

 

バランスのとれた食事を心がける

肌や身体を作るタンパク質を基本にして、ビタミンや食物繊維が豊富に含まれる野菜や魚を意識して摂りましょう。

 

 

これらの基本的な生活習慣の見直しを軸に、お肌の活性をあげ基盤をつくっていきます。

 

 

肌荒れを予防するスキンケアのポイント

 

何度も説明したとおり肌荒れはバリア機能の低下により起こりやすくなります。

 

ではバリア機能の低下を抑えることができれば肌荒れを防ぐことができる!

 

つまりスキンケア化粧品を使い保湿と浸透力!この2点をしっかりと補うことのできるケア化粧品を使用すれば肌荒れ予防に効果的だと言えます。

 

スキンケア化粧品の選び方

 

実際にスキンケア商品を選ぶとなると、どれを選べばいいのか…。

 

しかも化粧水や乳液を一から全て買い替えるとなるとお金もかかるし、肌に合うのかも不安!


 

確かに1から買い集めることは不可能に近いですが、オールインワンジェルなら金銭的にも最低限におさえられます。

 

でもオールインワンジェルってベタツキがあったりイマイチ良い商品と巡り合ったことがない。

 

そんなイメージを覆すのが「シミウス オールインワンジェル

 

 

マッサージジェルとしても使うことができて、化粧水や乳液など10役の効能がありネットでも話題の商品です。
⇒【どの年代に人気?】シミウス30代・40代・50代の効果を激白!

 

 

くすんだシミへの効果が有名ですが、実は保湿力が高いので乾燥が原因のカサカサ肌の方にも日々のケアとして使用する方が多いのも特徴です。

 

手軽に低コストで抑えたい方にはシミウスはおすすめです。
シミウス販売店【7社を徹底比較※最安値は楽天・アマゾンより安い】

 

30代で肌荒れが治らないと諦めかけていた方に、日々の生活習慣の見直しと薬用で効果のあるスキンケア化粧品を使用しましょう。